• ホーム
  • 夏に悪化する水虫は症状が治まっても要注意

夏に悪化する水虫は症状が治まっても要注意

水虫といえば不潔にしている人が感染する病気と感じる人が多いのではないでしょうか。
また家族ではお父さんがなるものと感じることもあるかもしれません。
しかし水虫は女性でも若い人でも誰でも感染してしまうものなのです。
女性ではロングブーツを履いている人は要注意です。
寒い時期でも靴の中は常に蒸れていて水虫菌が繁殖しやすくなっています。
乾燥させたり除菌をしないと水虫に感染するケースが多くあります。
普通に生活しているとやはり夏場に症状が悪化しやすくなります。
高温と湿度がちょうど繁殖しやすい状態になるので他の人にも感染しやすくなるので注意しましょう。
足の指の間だけでなくかかとや爪の中まで入るこむことがあります。
よくある症状では強烈なかゆみがあり水ぶくれのような症状が出ます。
かかとではカサカサで乾燥肌のようになっていることがあります。
爪の中に入り込むと厄介でにごった爪の色になったり変形しやすくなります。
そういった症状が初めて出た場合は皮膚科を受診しましょう。
その症状が本当に水虫かどうかをはっきりされることが重要です。
それに合った薬を使わないと症状を悪化させることがあるので素人判断は禁物です。
また毎年夏になると症状が出てしまう人は正しい治療で完治させましょう。
毎年繰り返している人は治らないものとあきらめているかもしれません。
また民間療法を試して悪化させることもあるので注意が必要です。
何度も繰り返す人は薬の使い方に問題があります。
かゆみがおさまっても症状がなくなっても水虫菌はまだ残っているのです。
治ったように見えてからが大事なのです。
それから約1ヶ月くらいはしっかりと薬を塗り続けることです。
そうすると完治させることができます。